与太話はこの辺にして推しに幸あれ

ずっと好きとは限らない(とはいえ、好きですね)

2/1は推しの平間壮一さんのお誕生日でした。

お誕生日おめでとうございました。

31歳ですって!

かわいいねえ、かっこいいねえ、癒されるねえ。

こんなとこで祝うのもなんですが、めでたいので何度でも祝います。

今は後夜祭です(2日目)

めでためでたや。

騒がしい昨今ですが、よい一年となりますように!

 

続きを読む

Here is where you’re supposed to laugh.

いまだに手持ちのチケットがなかなかのペースで払い戻しされているわたしです。
着々と払い戻されるのでいっそのこと笑っちゃう(笑うんじゃないよ)


年が明けて下旬に差し掛かりますが、日々、何も変わらないそぶりは上手です。
表面上は平和に暮らしていますが、あらゆる意味で心のなかは戦々恐々で、明日の行く末が心配でわりとストレスがたまるなーとか思う毎日かな。

それにしても、アレっすね?

対策してもしてもしてもしてもしても…、もう個人の努力ではどうしようもねーでしょこれ…みたいなアレでしょ?ギャーギャー言ってもしょうがないので、できることをして、いかに快適に暮らすか、みたいな考えているしかないですね。わたしとしては。

ところで。
数日前、昨年秋のミュージカルRENT2020ダイジェスト映像がUPされていました。
お時間あったら是非観てください。興味持っていただけたら観てください。

>Musical RENT at THEATRE CREATION(TOKYO JAPAN 2020.11.2-11.16) Digest for JLODlive

 

 

youtu.be

 

志半ばで観られなくなり、これでもかというほど未練がすごい(わたしの)

ダイジェスト動画はWキャストまぜまぜ動画なので、観たい部分を十二分にみられるかというとそうではないですが動いているところを観られて嬉しいな。

また、個人的にダイジェスト動画を見てしんどいレベルはWDTWより控えめなので、思い出しては見、また振り返っては眺めできそう。ちょいちょい懐かしむことができそうかなって考えています。


ちなみに、RENT2020というとですね。

わたしの動向など誰も気にしてないと思うけれど、一応記録しておくと、わたしはチケット払い戻したくないんじゃーーー!!!……と、大変見苦しくも大層ごねておりましたが、結果的に該当のチケットは払い戻し手続きをしませんでした。
年末仕事が忙しかったし…とか、もっともらしい理由をつけて手元に残しました。
見苦しさ120%

 

nanaichihachi.hatenablog.com



はい。

推しの平間壮一さんはユニットのミニアルバムが出たり、カレンダーが出たりします。よろしくお願いします(しつこい)

お芝居は3月までおあずけです。
まあ、例年通りっちゃその通りかな。
イン・ザ・ハイツ。
カタカナでかくとちょっと切ない。

大変楽しみにはしております。
リンマニュエルミランダだわ、ちょっとした旬だわ(周回遅れ)なんて言って、とっても楽しみにしております。肝心の芝居の中身で、一部分好みでないところがありますが、平間壮一さんの演技力でこれもアリだよと言いたい派なので、楽しみにしています。あと、おばちゃんはラップがわからんね。


以下、
とんちゃんといっしょに写ってた推しがなんかかわいかったので貼っとく。そしていつも思う……。スタッフさんは何故いつも絵文字交じりでそのノリなのか…。

 

と、まあ、あっという間に3月が来るなと思いつつ。
日々、健康に元気でいましょ。
あんまり気を張ってても疲れるし、みたいな気持ち。


今月の観劇まとめは月末にできれば。
公演中止に結構ぶちあたったもので、今月はあんまり観てないから書くことがないかもしれない(ここ笑うとこ)

払い戻したくないチケットがある

タイトル通りの中身なんで読んでも意味ないよ。

 

あーーー、払い戻したくないよ~~~!!!って、なっているチケットが1枚ある。いえね、チケットが手元に残るなら喜んで払い戻し手続きするんですが、払い戻しと共にこのチケットが回収されてしまうのが嫌で嫌で嫌で嫌なんですね。

これはその最後のチケット、やっと手に入れた……ってやつなんですよ。

なんだよSMOKEの歌詞かよ…!(わかるひとだけわかって…)

でも本当に最後のチケットなのね。直近の払い戻しはほぼ某RENT2020です。ちなみに払い戻し手続きをしたくないのは11/16(月)ソワレのチケット。

劇場前で案内された公演中止回のチケットね。
うーん、払い戻したくない……。

今年の初め、くだんのアレコレで勢いよくも悲しき払い戻し祭りが開催された際には感じなかった思いです。あの時のわたしは虚無感こそ抱いてもじゃんじゃん払い戻し手続きしてた。

勿論、いろんなことを考えては怒ったり嘆いたりしていたけれどね。公演中止になるといろんなことを考える。自分の気持ちだけでなく、想像するしかない範囲なのに。スタッフや出演者の皆さんのこと、大きくは演劇や劇場のことを考えては悲しくて悔しくて切なくてね。まあ、いろんなことを考えながら、あの時はチケットの写真と公演メモを記録した。

でもね、今の今、手元にあるこの1枚のチケットが重い。

重い愛のかたまりですね、これは。

奇しくもRENTのテーマは愛ですよ。

こんな場末のオタクのチケット払い戻したくないとかいうエゴエゴのエゴみたいな、こんないびつな愛と一緒にしてはどうなんだとは思うのですが、これもある種の愛です。大雑把に言うとこれも愛なんですわ。

じゃあ、素直に御託並べてないで払い戻さなきゃいいじゃん?…て、思うんだけどね。

思うんだけどいやでもさー……って、迷いに迷っている。故に、次は暗闇へ、となっている。

さて、困っています。

実際、困る必要ないんだけど。

払い戻して手元に戻るお金と気持ちを天秤にかけるみたいな気分になってきて困る。

物はなくても記憶は残るし、払い戻しをしたとしても買った記録だって残る。

でも、そうじゃないんだなとも思ってしまう。

お金も大事。

でも、このチケットという紙切れ一枚を思い出に残しておきたい……。
チケットが用意された時の気持ち、観られなかった気持ち、観たかった気持ち、座席に対する喜びと悲しみみたいなもの、それ以外の作品とか推しの演技に対して思うこととか、全部ひっくるめて考えて、あーん、払い戻ししたくないよーって、ぐずっている…。
その気持ちに名前を付けるならば、まさに未練そのものだよ。

執着とも言うのかも。

この未練をなんとなく抒情的に言うと、ひねくれた愛の顛末を内包したやりきれぬ想いこそ、単に未練と言うに等しい、とかなんとか。

いやいや、そんなん言う必要ないな、これはただの未練です。
払い戻し期限は12月末。

あー、払い戻しやだやだやだやだやだやだ!

やだ!

まー、大人げないね。

 

 

さて、見ている方がさほど多くはない、わたくしの御託よりもこれです。

聞いてください。

3LDK(俳優の植原卓也さん、平間壮一さん、水田航生さんのユニット)のミニアルバムが、来春発売されるそうです。

これはダイマです。

よろしくお願いします。

また年末には配信があるそうです。こちらもあわせてよろしくお願いします。

 

うーん、推しとてもかわいい。見ているだけで笑顔になるので、一時的にでもストレスが減ります。本当に推しって健康にいいものですね。


ところで平間壮一さんにおかれましては、来年のご予定につき、3LDK以外の情報を出来る限りお早めに解禁してくださいませんでしょうか。何かと難しいご事情があるものと存じますが、年内に1本くらい出てくれないとわたしがしんでしまいそうです。大変勝手なお願いとなり恐縮ですが、よろしくお願い申し上げます。多分、名古屋公演があったあたりの日程で出ますよね(なにこれ)

No day, but today.

あーほんとにそれー。
ほんとそれー。

何に対してもだけど、
No day, but todayだよ。
それだよ、それ。

なにゆえにNo day, but today? そこはご存知の方のみお察しください。


未来もない過去もない生きるだけさ今はーって、
エンディングで歌う壮ちゃんののびやかな声が脳内で響きます。


通っているミュージカルが公演中止になりまして。今のところ一部だけど。
もー、作品名まで言わんぞ。皆まで言わんけども話題にはなってたのでね、言わんでもいいでしょ。
うーん、感想書く前にこっち書いちゃった。


劇場前で中止のお知らせを食らいました。
結構良席持っていたので、無念さと未練がすごいけどしょうがないよねっていう。

15日の公演内容もとても良かったと思ってるのね。だから今日はどんなかなーってウキウキで劇場に向かったんですが。ちなみにその手前の公演、11日のマチソワもめちゃめちゃ良かったです。その前も良かったです…よく考えると全部いいです(まだ序盤、考える引き出しがたくさんあって、それでいて感情移入できて、推しのマークは、いまだかつてないほどとても良…)

16日ソワレ直前、劇場前は大混乱で、長く劇場前にいても開催されるわけでなし、人も多いし、わたしはさっさと場をはけて飯食って帰った。何とも言えない気持ちです。いつ公演が中止になるかわからないなって覚悟はしていたけれど、やっぱせつなかったよね。よくよくと考えたら帝劇でBeautifulでも観て帰れば良かったんだけど、そこまで頭が回らない程度にはアレだった。

その後の発表で暫定的に25日まで休演が決まってるわけです。状況が状況なのと、このご時世ですし、先がちょっとわからない。わからないけどわたしは先のチケットを全部持ってるという状況です。

再開されると良いな…って願うだけしかできないの、ちょっと3月末くらいの状況にも近くて、ストレスフルな状態を思い出します。普通に考えても25日は無理そうじゃない?東京全部なくなるどころか!という気もしてくる。

やっぱ、精神的にキツいかも?
一枚ずつ払い戻しが増えていくの。

とかなんとか言ってもさ、キャストさんスタッフさんはもっともっとつらかろうと思うのよ。いや、つらいでしょ? つらいの一言では表しきれない悔しさとか、せつなさとか、かなしさとか…そんなんいっしょくたよ? 感情的にはぐちゃぐちゃじゃない。それでも上演できなくなってごめんなさいって謝ったりする(そこはもはや謝らんでもよろしいとわたしは思うけどね)まあ、そのキツい部分、客席側の比ではないよね。すごいストレスだと思うんだ。上演できないこと、板の上の人生をまっとうできないことって。関係のみなさんには心も身体も健康でいてほしい。

冬来るし空気も乾燥するから体調を崩しやすい時期です。
みんな健康でいましょうねって。

出来る限り健康でいられる努力が必要で。当たりまえだけど再認識したとこ。
注意しておかないとね。気は引き締めておかないと。

 

誰に向けて言ってんだ。
うん、いや、全世界じゃない?

社会的に死にたくないから、絶対わたしは健康でいるぞ…という気概でいますが、気持ちだけではなんともならんし。病気の類だけでなく事故だってそう。わかんないのよ、今日今こうして生きててでもさ。1秒後のことだって怪しいの。感染症もさ、どこでどうなっているのかわからないじゃない?罹患するときは罹患します。

前にも書いたけど、本当に本当に芝居が観られるの、当たりまえじゃないよ?
明日は我が身でしょ。

1回でも幕が開いてその演目を観られたら運がいい。

観劇だけじゃなく、ただただ一日一日が大事かなあ…。


皆さんお大事にして。
叶うなら再開できますように。

と、まあ、気持ちをつづっておくのもありでしょ?
そう、なにせここはわたしのチラシの裏だよ 笑

nanaichihachi.hatenablog.com

 

 

ありがちでダメなオタクの話(と、RENTのダイマ)

わたしはダメなおたくなので、劇場で推しを観るのが大好きで、それがとにかく楽しすぎる。
老体に鞭打って座席に座るのが楽しい。

推しの舞台は3月ぶり。
推しを生で見るのは3月ぶり。
3月ぶりってどういうことぞ?

 

よくよく考えると、こんなにも長い期間、同じ空間の空気を吸うことがなかったのは、推しの舞台を見始めてから初めてかもしれない(言い方…そして、そんなこともないと思いなおす…)

 

自粛とかアレとかコレとか。

わたしはわりと早いタイミングで劇場には通い始めているので、劇場に行くこと自体には感動がない。実際、自粛明け早々に劇場に行ってもそこまでの感動をおぼえなかった。

どちらかというと、ひとつ空けの座席やチケットが残っている状況の劇場、閑散とした空間、座る人のいない椅子がとてもさみしい、かなしい…という気持ちのほうが強い。

とはいえ、今は規制緩和されているし、普通にシアタークリエ行くぜ行くぜって、劇場へと足を差し向けたわけです。

そして、着席。あ、一席空けじゃないのも久しぶり…満員御礼出てはいなかったけれど、ほぼ満席の劇場、心地いいな。

1席明けは快適だったけど満席だとなんか嬉しい。

アナウンスからの暗転、TuneUp#1がスタート…ロジャー、続いてマークが出てくる(推しが出てくるわけですわ、影薄いけど主演!)

はー、すげえな、久しぶりの推しだよ。少しお痩せになって?あ、元々スリムでしたよね知ってます…っていうか、いやいやいやいやいや、なにこれ、フレッシュすぎる……。何がフレッシュだかわからないけど、いやフレッシュだよ、相変わらず笑顔がかわいいなかわいい……うーん、これは…、言い難いのですが推しへの感情がデカいデカすぎる。

結果、まったく泣くとこじゃないRENTから涙ぐむ始末であった。

推しのいる板の上すごいな、こんな感極まるとは思わなかったよ。

そして、自粛明けても推しについてはおあずけ食らっていたせいか、1度解禁されると勢いが止まらないというか調子に乗りすぎである。エンジェルシート狙いつつ、リピチケ特典絶対あるでしょって事前に確保してない日程を残していたので、初日以降に取ってない日程のチケを確保するという本来はやらないことをした(いつもなら初日には入るとこのチケットは全部持ってるタイプです)

もうね、チケット取り放題なんだもん…。
席番みては買いなおしたり、観てもいいという人をお誘いしてご招待したり。とかなんとかやって、毎日自分に質素な生活を強いているが非常に楽しい。

推しは大変健康にいい。

今回のRENT、ハズレがないと思うから興味ある方は是非見てください(って言っても、そもそもこの掃きだめを見てくださっている方は多くないと思いますが、それでもダイマしたいのだ)
私はRENTヘッズではなく、ごくごく弱火な推しのおたくですが、過去に観たRENTと比較して考えても観て損はないと考えます(村井マーク、賀来マークは観ています)いい意味で過去のキャスティングとは少し見え方の違うRENTが観られるかもしれないよ。


残りの日程のチケット、まだ販売しているのでスケジュール合いそうかなって、対策して行けば観劇しても大丈夫という方は、是非とも駆け込みでも良いのでご覧になってくたさい。

新キャスト陣、人それぞれ好みがあるので、絶対絶対良い!なんてゴリ押しのおすすめはしません。それでもどのキャストさんもとてもパワフルで聴きごたえのある歌を聴かせてくれます。お芝居として観てもね、もちろん見ごたえ十分です。
推しの平間壮一さんのマークはすっごいキュートな人だなって感じている。フラットで自然さのある演技してるかんじです。エンジェルだったときもキュートさ爆発だったけど、種類の違うキュートさと色気のある人になってた。それで多くの悩ましい事柄を横にしても、自然に人と触れ合えるひと、みたいな。考え続ける繊細な人なんだろうな、とも。(なのにいつだって傍観者なんだよ、すごい皮肉!)
ちゃんとした感想はそのうちに。

シアタークリエ ミュージカル『RENT』