与太話はこの辺にして推しに幸あれ

キャラ推しと俳優推しの噛み合わない会話

1日に2回書くとか……暇か、暇なのか。いや、暇というか、なう、関西から関東に戻っております。推しの現場が関西なので週末は関西。要するに移動中です。

 

これ、2.5次元舞台だとよくありがちなやつ。とりあえず2.5を話題にしますが、私自身はそこまで界隈のこと詳しくないです。好きな子が出ていなければ、あまり興味もないかも……。

もちろん、好きなコンテンツもありますが、そもそもアニメやゲームを詳しくない。ゲームもどちらかと言えばソシャゲ廃人だった期間が長く、ネトゲは中途半端にやっただけ。ちなみに今はゲーム熱全くなくて燃え尽きてるかんじ。

基本、趣味への姿勢が一球入魂タイプだし、1作品に熱を上げるので世の中の流行りのものはわからない。

それでも界隈の情報を仕入れるのは、2.5次元舞台に推しが出ることがあったり、好きな脚本家が手がけたりするからです。でも、積極的には観ないかな。これをいうと失礼極めるが、ミュージカルだと、歌が、聴くに、耐えない、ことが、多い……。たのしいんだけどね(すいません……)また、ストレートプレイにしてもキャラが優先なので、今ひとつ芝居が惜しい……(これもすいません……)と、思う要素が多くてイマイチ踏み込めない。でもさ、キャラにめいっぱい寄せてるのはすごいことだとおもってる。すごいよね?だって相手2次元だよ?!なので、ビジュアルだけでもはや120点!みたいなことも思います。

 

と……まあ、話を戻します。

噛み合わない会話。

噛み合ってないのに、当人同士がそう思っていないこともあるよね。その場合は、それぞれが言いたいこと言って終わり!みたいな平和な推し活推し事報告会が成り立ってるから問題ない。

 

この会話の噛み合わなさ。

「原作」が存在する舞台であれば、起こりうると思う。

それぞれが事前情報を持っている。

思い描くイメージや理想のかたちを心に抱いていること。

 

その差が噛み合わなさを抱かせる。

 

感性が違うとまでは言わない。

原作推しと俳優推しがお友達になることだってあると思うよ。その場合、よほど価値観が似ているか、それぞれが歩み寄る共感性が高めで、コミュ力ばっちりのひとたちでもないと話がしっくりくることが少なそう…と思う。

バッチリ噛み合ってたとしたら、それは違うものを許容できる範囲がひろいひとたちだからかも。

 

何故、わたしが会話が噛み合わないと思うかというと、原作キャラ推しや原作のおたくならば、原作にある世界観やキャラクターを前提にして物事を語っているようにみえるからだ。例えば、役者がイメージにぴったり!大好きな〇〇が3次元にでてきたみたい、とか。原作のあのシーンにすごく近づけていてあの場面は良いよね、とか。もっと深いところまで掘り下げているかもしれない。

 

一方で俳優推しといえば、原作以前に演じている俳優を基準に語ろうとする。わりと俳優がどれだけ板の上で頑張っていたかを語ろうとする傾向があるように思う。そこに付随してキャラを語るにしても、あの子の演じてた〇〇のあのシーンすごくよかったよね!とか、推しにあの役のああいう演技が出来るようになったなんて本当に成長した!上手くなった!初日よりアドリブ多めだけどキャラ崩さない入れ方工夫できるようになったんだね?!みたいな。

 

同じ演技を観ているのに、それぞれまったく見えるものが違っている。

 

もちろんね、繰り返しになるけど、例外もあると思うよ。

例えば強く推してるキャラがいる作品の舞台に、俳優の推しが出る。しかも俳優の推しが推しキャラを演じて舞台に立つことになった、しかも理想の具現化すぎる……とか。

そういう奇跡的なことはあまりおきない気ががするけれど。

 

それぞれ見る目の違うおたくが、いざ膝を突き合わせて語りはじめたところで、おや?っと、なりそうで。むしろ、なる。

 

語るほど話がおかしくなる。

齟齬が生じてしまう。

 

みたいな。

価値観という意味で誰しもが個人だし、違って当たり前だから、先に書いたような意識の齟齬は俳優推し同士でも生じると思うけど、まあ、より噛み合わなさそう。いや、噛み合ってない。

 

最終的な会話の落としどころは、共感と歩み寄りで生まれるとわたしは思うし、自分の話したいことに共感してもらえるかもらえないかはともかく、話せればいいと納得できればそれはそれ。

キャラ(俳優が演じているけれど)の話をしたいひとと、俳優自身(キャラの姿ではあるが)では、やっぱり互いに話したいことが違っていると思うのね……。

 

あ、そうだ。

推し分野の違いより、深刻に会話も思考も噛み合わないものがあった。

二次創作界隈、

特に腐。

あと夢。

脳内におさまらないなら、せめてclosedスペースで語ってほしい。

なんで本人の前でそれ話してるの、意味がわからない……。

とにかく現場で掛け算しないでください!

妄想語らないでください!

ほんとお願いします!

妄想を禁止してる意味じゃなくて、創作がダメだというわけでもなく。萌えるのも好きにしていいけど。

わかった、わかった!わかったから〜!

ねえ、その話はよそでやって……。

現場でしないでお願いします。

声でかいよ〜!

 

と、まあ、そんな話をしてるわりに同担の知り合いいなかったわ。おばちゃんはいつだってスタンドアロン

 

おあとがよろしいようで。