与太話はこの辺にして推しに幸あれ

必要なのはスルースキル(なお、ダブスタでOK)

‪令和‬が来ますね。

平成最後のなんちゃらに飽きてきました。

 

タイトルに全く関係ない上に、飽きてきたとか言いながら平成最後の〇〇はなしをします。

〇〇というか、観劇。

平成最後の観劇は、「ピカソアインシュタイン(BLUE)」になりそうです。

明日30日は観劇予定ないから、これで決まりかな、と。

4月のはじめ頃は、ギリ、レミゼかなー、わかんないなーって思ってましたが。

 

はい。

きょうもきょうとて世の中に対してどうでもいい話をします。

せっかくなので、わたし個人の平成の観劇状況を思い返そうかとおもったのですが、平成の最後の最後に刻まれた思い出が濃すぎてムリでした。わたしの平成の思い出はもはやロミジュリです(過去の記事見ればわかるやつ……)むしろ平成はロミジュリの思い出しかないんじゃないの?!……ってくらい、いろいろなモノが、いろんなカタチで塗り替えられ、上書きされた数ヶ月でした。たかだか数ヶ月の観劇の記憶なのに、その数ヶ月の想いがどうしようもないクソデカ感情の塊じゃないかとおもえるほどに強烈で。数ヶ月、仕事だってしてたはずなのに、残念!ずっと!ロミジュリのことばかり考えてた。ちなみにわたしは大好きなものに対し、比較的粘着質なため、半月過ぎてもいまだにロミジュリロス……。ロミジュリに出てた推しロス……ともいう……はー、推しの演技はどの日も甲乙付けがたく最高だった。

けど、それじゃいけないって、気持ちを落ち着かせるために、十ン年前に遡り推しの初舞台の円盤を観て心を慰めてみましたところ、なにこれかわいい。あらためて推しむちゃくちゃかわいい。かわいさ爆発、もう大変(わたしが)確かに十ン年前なので、演技もそんなに上手くないし、歌もそれほど上手くはない。だけど、役に入ってる姿、必死で真摯な演技からはとても伝わってくるものがあるのですごいなーとあらためて。

 

からの、4月の観劇状況です。

ロミジュリ(4/14)以降は、こんなでした。(それ以前はコレ

 

レ・ミゼラブル(プレビュー公演)

彼方ジャベと、ふうかエポを観……あヽ……、光夫さん……!!!

 

幕末太陽傳外伝

友達のお誘いで。べらんめぇ調には煩いわたしですが、小痴楽さん(若)の喋りきけたので良いです

 

レ・ミゼラブル(本公演)

彼方ジャ……(略)海宝マリウスと福井さんジャン・バルジャンを観に……。

 

→花園

ミ!ゾ!タ!ク!

上手くなってたー、うれしい。あの感じでわりとまじめに歴史もので嬉しかった。

 

ピカソアインシュタイン

村井くんを観に。

村井くんを観に……。

大事なことなので2回言いました。

 

身も蓋もないコメントを添えて。

こんな感じの観劇ライフ送ってました。

実際、それぞれ感想はあるのですが、わたしは恐ろしく感想を書くのが下手なうえ、ひどく時間がかかるので書きません。

一言にまとめると、行ってきました!たのしかったです!すき!

ほんと身も蓋もない。情緒も語彙もなさすぎるわたしかわいそう……。

 

さて、長い前フリののち、タイトルに基づくはなし。

 

どの界隈でも繊細すぎて生きにくい方々っているじゃないですか?たくさんのことを真面目に考えすぎてしまうというのかな。ふとしたとき、アレコレとイライラする気に入らないことが多すぎて、楽しいことしてるのにストレスフル!愚痴も増えるよ〜〜〜!に、なってしまう方々……。

 

かくいうわたしもかなりガラスのハートどころか豆腐メンタルなので、すごーく繊細ではあります(自分で言うなや〜)

それでも、感じた不快感を他者にぶつけに行くタイプではなく、悶々と考えて溜め込んだ挙句に、あー、もう、めんどくせ……、考えるだけ無駄すぎ、もう、たのしーこと考えよう……ってなるタイプ(もし、前の記事を読まれた方がいたら、お気づきでしょうが、常にこのパターンです)

なので、例えフラストレーションを抱えたとしても、だいたいのことは時間と共に、まあ、どーでもいいや……楽しいこと考えよってなるんですわ。

 

みんながみんな、こんなふうに乱暴にどーでもいいやーってやるのは確かに良くないかもしれないし、得意ではないアレコレナニソレに対して無関心なのもつまらないかもしれない。

でも、「実害が出た」あるいは「実害が出そう」というとき、嫌いなヒトモノコトに対して距離を取らずに関心を持って近づいてもあんまりいいことがないように思う。

 

なので、発揮されるべきは、

 

超驚異的なスルースキル

 

……だと思うんですよ。

 

よし、なかったことにしよう。

この心意気、大事です。

よし、こんなものはみなかった。

この思い込み、大事です。

 

……この無理矢理にでも挿げ替える姿勢、案外難しいですが意外に使える気もしてる。

 

その場の不快を別の楽しいことに置き換えて……YES!推しかわいい……!推しは世界一かっこいい……!宇宙一ステキ……!

 

なにせ、厄介事に関わらないことも生きる術です。(ひとつ前の記事の知らないほうが楽しめるってはなしにも通じるかも)

 

また、別の言い方すると、

 

おおらかテキトー主義。

 

適当っていい言葉なんですよ。

適当って、良い按配なんです。

 

適当であることは、趣味以外のイライラにもつかえます。

 

華麗なるスルースキル。

 

のらりくらり言葉でなんとかしてるだけかもですけど、潔癖過ぎると、生きにくいの。

 

逃げだと思うなら笑え〜。逃げてやるのだ!みたいな。たまにはそーいう楽なのも、いいですよーっていう。ただし、許せんことは許せんでも良いです。……怒り心頭許せんことは許せんで良い(ダブスタ

 

深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだとかニーチェも言ってるとか言ってないとか。それこそ理性の真理だっていう哲学者の方もいるそうで(ライプニッツ?)むずかしく考えない楽しくしてよう……とんだ楽観主義ですが。

 

はい、ここでひとつ

スルースキル発揮してどうぞ!

賛同致しかねる!

という、スルー。

いやあ、おあとがよろしいようで。