与太話はこの辺にして推しに幸あれ

選んだものを手に

雑記。

不易流行はたまた諸行無常か。

人様が見てもたのしくないはなしを、わたしはわたしのおもうまま、たのしそうにする。

 

夜帰宅してから円盤2枚受け取ったからとりあえず観た。

 

手にしたもの。

【本日のラインナップ(新作)】

・ミュージカル刀剣乱舞 真剣乱舞祭2018

・天才作曲家〜composer〜

 

端から端に振り切れるノリのラインナップが同時にお届けされた。とはいえ、ある意味でこれはものすごい統一感。そうです、浅井さんですね。

ぶっちゃけなくても、らぶフェスはミュージカル刀剣乱舞。言わずもがな2.5次元舞台のビックコンテンツ……。2.5は推しが関わらなきゃほぼ観ないけど刀ミュは観る。あと、御笠ノさんの小劇場作品いくつか観てて好きだなと思ってたので。

もう一方の天才作曲家はオリジナルミュージカルで小劇場作品かな。とってもコンパクトで上質なものを観せてくれる。

共通点なさそうでめちゃくちゃある。

関係会社やらなんやら、かなりかぶってて、エンドロールを見れば一目瞭然。

どっちもいやはやよく見た事のある名前のオンパレード。しかしながらあっち側とこっち側感があるのはステージ規模ゆえか。それはそうと話が横道にそれますが、刀ミュ本編は芝居だから違う土俵かと思うけど、ライブイベントのみピックアップしてみてると、ちょっとだけチーム・ハンサムを思い出す(言ってもピンとくるひといるのかなとか思うんだが)それでさ、あれは既に遠い日の幻だ、みたいなせつなさを感じている。

楽しいことは一瞬で、瞬く間に終わる。この瞬間は今しかないんだよっていう刹那感ね。

あるいは、

祭りのあと。

おもしろうてやがてかなしき。

そんな雰囲気とか。

 

わたし好み的には刀ミュもONEonONEも、楽しいさレベルは同一線上で、ひとしく喜びを得ながら観られるコンテンツだ。ただ、まったく芝居を観ない他者から見ると彼岸と此岸くらい土俵が違って見えるかもね。

ま、でもみんないろんなもの好きだし、誰しもこんなかんじだよね?って勝手に想像しておこう(自己肯定)

 

まずは、

 

・真剣乱舞祭2018

らぶフェスさっきまで観てた。

過去3年分のらぶフェスを脳内で振り返ってみたけど、過去最高にハッピーな気持ちで終われたライブイベントだったと思う。このコンテンツには、その実、推しもいるし(推し活停滞中だけど)顔が良すぎてちょっと好き枠の子がわりといるので、ありえないレベルで目が足りないけど、喜びと楽しさが満載だ。いろいろめんどくさいから苦手だってひとや、推しに出て欲しくないってひとも多いコンテンツだけど、懐に入ってみたらスッとハマったしわたしは好きだったよ。好きだけど、この先、好きな役者にはこのコンテンツに出て欲しくない気持ちがないこともない……(ある、大あり)だいたいこっち側に攻めてきて欲しくないおたくが山ほどいるし、コンテンツでかいから今までの推し方が通用しなくなる可能性大だもん。まじでむり、こええよ!!!

でも、コンテンツとしては好きよ。

わたしは祭りが大好きです!(ガチで)

そうね、それ以上はいうまいよ。

楽しいが複雑な気持ちになるコンテンツであることには違いないです。

ほんとさ、このコンテンツ、チケ確保難やら席ガチャ失敗やら、現場のオタク怖いとか難ありだけど、最終的にはとっても楽しかったな……ていう思い出が胸に灯る。円盤観てもまた楽し。最近は歌の上手い子も多少はいるし、それにみんなで歌っても初期よりは聴けるようになった。歌唱的な意味で少しはマシになってきた(満足はしてないし、まだ耳が疲れるなって思ってはいるけど)それで、ここの浅井さんは作詞。

 

ONE on ONE オリジナルミュージカル 天才作曲家~composer〜

……を眺めている(2周目)

過去作品、composerのリメイクという位置づけの天才作曲家。

ながらで観てるので3周目までいきます(予定)

これね?

とっても円盤お待ちしてました。

劇場では一度しか観られなかった。そのためかちょっとわたしのなかで消化不良のとこがあってすごく待ってた。

やー、そめやのこーたくんの声と動きのすばらしさよ、ないとーたいきくんの煌めきにトキメキ満載だよ、のりちゃんは相変わらずそつがないというか、抜け目ない感じ(いい意味でだよ)やっぱ素敵な歌声です。歌が素晴らしいってだけでほんと素晴らしいです。それとね、千田さんのお声が沁みるかなーっていう1周目の感想を持ちつつの2周目。

ストーリーはモロに浅井さんのだなって感じが強い、演出もそう。浅井さんの作品は、ほかのところでも見たり聴いたりしている。わりと選ばれなかったものって視点の仕掛けをしてくるように思うことが多い(脚本は別な方だけど、作詞とか浅井さんで、テーマがそっち向き)んでも、今回感じたのONEの作品ではちょっと違ってて、物語的にはモーツァルトサリエリ、あるいは男と女、天才と呼ばれるひとの持つもの、選ばれしものゆえの悲喜交々。結局選ばれなかったものの気持もストーリーにはのるけれど、選ばれしものの悲哀が後を引く。薬か毒か、全部、紙一重だ。遥かなる高みは紙一重だ。あと、舞台を彩る印象的な色は才能の象徴かもしれないけれど、生と死だなと思って見ている。

あと、そうそう。

のりちゃん事務所へのご所属おめでとうございます!!!おめでとうございます!で、良いのかな……反応的に。わたしはスタダをやめてフリーでいた彼にハラハラしてたほうなので、嗚呼!よかったよー!!!って、気持ちだよ。何故だとか言われても心配してたよってことだよ。

そ、のりちゃんが個人事務所に所属しましたってお知らせした日にのりちゃん主演作品の円盤が家に届いたのは狙ってるのか奇遇なのかなって。とっても喜んでる今日日、のりちゃんの益々のご活躍を楽しみにしてます。

 

あ、前半の円盤ジャケ写を載せてみたんだけど主張が凄すぎてなんかアレだったから消しました。

 

さて、6月がスタートしました。

2019年、半年が過ぎて変わったことも変わらないこともたくさんありました。変わったってったって、本質的には何一つ変わらないブレない軸があってこそだけれど(意外にブレブレだったらどうしよう?!)

それでいて、ちょっとずつあたらしくなって、とどまることの無い流れのなかで楽しくしていたいものだわ。

不易流行で諸行無常だよ。

 

なんて言うかこれは。

まあ、推し活のはなし。

 

ちょっとずつかわっていくこと。

 

思うところありというのはこのところポストしてる通りだけど、何だかだ迷いながらもこの数週間で少しずつAくんCくんの情報断食をはじめてました。

情報を取捨選択。

ソースを横断検索総当りせず、選んで取り込んでるだけなんだけど心が平和。

あと、ちょいちょいあるAくんのイベントは友人や家族に代打で現場に入ってもらってる。グッズはあまり興味が無いのでブロマを束で買ってきてねって頼んでおいてゲットしもらう感じにした。それで、わたし自身は実質的にAくんの現場を干してる。それとCくんは今月半ばからの舞台と秋冬と出演決まってるものがあるので、チケ確保してる分は行こうと思っている。でもさ、いつもよりすごーーーーーくチケ確保出来てないので、少ない通い方になりそ。頑張れば足せるかなって確保率。内容次第で見切れと当日券を追いチケ予定。

この半年で随分変わった。

それでこの先の半年、わたしはどんな感じになるかな……。

ね、どんな感じ?

この先の推し活比重をがっちりBちゃんメイン持ってってるのと、個人的に安心して観ることが出来る好きな役者さんの現場に入るプランで下期は動く。

しばらくこれを続けたい。

今持ってるチケもそんな感じだし。

 

んでね。その、Bちゃんと好き枠の方を中心に観るとどんな風にわたしの意識が変わっていくのか興味がある。

わたしの気持ちはどう変化するのかな?今推しと好き枠のチェンジがはじまってしまったら困るかなーと思いつつも、それはそれ、そういうものとして受け入れたい。だいたい今の今わたしが好きな役者枠に入れてる人たちはわたしが長いこと芝居や歌を見てきた方々ばかり。Bちゃんを推しとして自覚したときの同様できっかけひとつ、ちょっと背中を押されたらいつでも(推し)という存在になりうる要素のある人たちだ。

ある意味これはこわい。

あやうい選択をしているのだ、わたしは……。

 

でもそーいうところだ。

あやうさと緊張感を持ってしても更に不快感募るAくんの現場。Aくんはかっこいいしかわいいけど、現場しんどいしキツすぎる。Cくんの現場も時々キツいよ〜ってなるときある。

現場へのスルースキルがまっっっったく発揮されなくなってきた。 

……ということで、個人的なモヤモヤが強すぎるため、逃げの姿勢だ!(ぶん投げ)

 

そうね、お気に召すままってことで。

 

前述しましたが。

今週末から推しの芝居が始まります。

7月まで続きますが楽しみです。

決して楽しいだけのエンディングにはならない芝居に見えるし、グレーな部分が多いとご本人たちも言ってるから解釈も難しそうなんだけど、演劇の醍醐味をもっとも堪能出来るのは会話劇だとわたしは思ってるので、とってもとっても楽しみです。

最近はインタビュー記事や稽古風景が少しだけですがSNSで流れてくる。

その僅かに垣間見える舞台の様子にわたしはドキドキしたりビクビクしたりしている。

あと、まっっっったく踊る気配のない推し久しぶりです。

一緒に主演の彼とはがっつり踊るやつで共演したじゃないですか。かなり踊れる彼らが㍉ほどにも踊らないとか、動けるのに立ち回りがないとか、もったいないし不思議だけどね。

あと、芝居上、わたしが感じているソワソワ感はね、推しは芝居のエンディングまで、最後まで生きてますか……生き残れますか……問題です(推しはよくよく舞台で死にがち)

とりあえず板の上で生きたまま終われるのかを早いとこ確認したくて仕方がない。推しよ、どうか生きながらえてくれまえ〜!(死ぬとこもいい感じで死ぬので好きなんだけど)勿論、初日から行くわけですし、毎日入りますけど、出来れば一刻も早く知りたい。作品上での推しの生死。なんとなく今回は死ななそうな気もするけど観るまでは信じられない。

はあ、どんな芝居か知りたすぎる。

はやく観たすぎて、もはや口からなんか出そう。