与太話はこの辺にして推しに幸あれ

きのうのきょうでも書きます

問答無用で8月の観劇の記録。

まあ、そこそこアレ。ちょっとした主観による感想未満のメモとか。

きょうも文章散らかっております。

 

8月の観劇まとめ

 

・ミュージカル SMOKE

各種組み合わせを観ました。心のなかの話だよ。ちょっとビリーミリガンを思い出してね。そうでなくても感情に人のかたち、それぞれの意思と意味を持たせれば誰しもそういう風かもって。話の中、紅が激しい怒りを露わにするのだけれど、それね?自分に向けたものだからまったく遠慮のない怒りになって別のかたちをした自分である超へ差し向けられているのかな?とか考えた。そう思うとわたしのなかで少し韓ミュ感薄れるなーって。まあ、何言ってもオープニングからむちゃくちゃ韓国ミュだけどね?SMOKEという作品、噛めば噛むほどじわじわくる、これハマるひとはすごいハマるやつで、特に九劇版の四方囲み、演者との距離感がわからなくなるし、音の氾濫が凄まじいのでいろいろと客席側はノーガードで丸裸にされるなって思いましたよ(心もね)再再演あってもまーくんはもう卒業なのかな。木内くんもまた観たいな……。

 


・舞台スタンレーの魔女

御笠ノさん演出やつ。舞台美術もいい感じでした。これ、初演を観てていて今回も観たいなって見に行ったんだ。主演の石井くんフレッシュ感あったしイメージぴったりだった。戦争ってそうだったなってちょっと思うことがあったりなかったりしたやつ。芝居は客入れの最中からはじまっているんだよ、という。

爆撃機と戦闘機の関係性とか。ああそうだなって思って考えたり調べたり。いろいろと広がる舞台だったかも。戦争絡む作品だと、やっぱりWINDS OF GODが素晴らしいと思うし、ひめゆり、あとは見上げればあの日と同じ空、あたりが好き。

 


・音楽劇あらしのよるに

原作が好きなので。あと、着ぐるみ衣装がかわいい!って思って、すごいかわいいのでそれを直接見たいので観劇しに行きました。ちいさいお客様がたくさんいらして、おおむねおりこうさんに観てました。

 


・ミュージカル エリザベート

来年もあるのか!もう1年中エリザやってみてはどうか?!(四季方式)来年もエルマーはたっくんでお願いします!!もっと観たいんだよ、たっくんが……。今月は2019エリザ〆としてとりあえず複数入りましたが、ほんとのほんとの〆にはよしおさんトートを観ました。やっぱり彼の声はあたたかい。声の膨らみ方が素晴らしくて好きです。あと大人の色気だよ。ゆんトートは回をおうと死の概念ぽさが強く強く印象に残るようになったんですが、よしおさんトートは少しずつ人の感覚に近づいてくる死という感じがした。シシィはね、ちゃぴちゃんの可愛らしさには本当に悶えた老いをおぼえるころの演技は惜しいとこあるんですが、彼女の歌声は本当に大好きでフィナーレの歌い上げ方がむちゃくちゃ好み。そして花ちゃんはレジェンド、ほんと、マジですごい。花ちゃんはすごい(語彙がない)

 


・舞台 オリエント急行殺人事件

いや、舞台装置が好みでして。すごいおもしろく観られました。演出が過剰ではなくアガサの筋を変に弄ることもなくしっかりと描いている風なところ、さすが河原さんです。役者たちもすごくよくて、小西くんさやっぱり紳士が似合うのね、所作が美しいし髭すごく似合うしまったくベルギーの小男ではなかったけどポアロだなって思いました。演劇は楽しい。もう一回観たかったかな。

 


・舞台 絢爛とか爛漫とか

若い文士たちの四季。集いし者達がひとりひとりそれぞれの道を歩むまでをコンパクトでわかりやすく描いてて、恋と友情の空模様だなーって。その時代の文士たちの暮らしを垣間見てやろうって気持ちで楽に観劇すると楽しいやつ。恋と友情が紙一重なんだってこともみてとれるよ。これも書くことの苦しみを扱った作品ですが、ついこの間までSMOKEを観ていたせいでものすごい悩みが健全って思ったという……。他者への嫉妬を健全と感じるのが面白いなっていう自分への感想。安西くん芝居、上手くなったな。あと加地くんがいい感じでした。

 


・ミュージカル ドン・ジュアン

昨日観て、今日これから観ます。他の日も観ます。で、推しの現場なのに、いつもの現場と雰囲気がまるで違う別世界の赤坂ACTシアターでした。主演の藤ヶ谷くんが初舞台だからかな?いらっしゃる客席側もファンの方が多そうで観劇初心者さん多めの印象でした。拍手が少ないよ〜、えーん。

藤ヶ谷くん、美男だしキザで軽薄そうな雰囲気はプレイボーイのドン・ジュアンらしさもあり、立ち姿はスラリとしてスタイルも良いしかっこよかったです。少し乱暴にみえる演技もあったので、わたし自身が彼の演技が好みかというもそうでもないけれど…。あと、初舞台初日の緊張もあるのかな、いまひとつ一幕は声が出てないところもあったように感じました。それでも初舞台初主演の初日でこの出来なら上々かと。この先、大千穐楽まででどのくらい仕上がるのかなとは思います。希望を言えばもっと仕上がって欲しいです(それは祐里ちゃん、美沙子ちゃんにも言えること、彼女たちの演技はとてもいい感じなのに歌が……って時々なる。藤ヶ谷くん同様、惜しいところがあって観劇に集中しきれないな、と)

ただし、その他のメイン役者陣が大変素晴らしくてですね。歌もダンスも素晴らしかったです。そうでなくても美しい方の多い業界なので、目の保養が沢山できる美男美女たんまり。なにせ、オサさん麗しかった……。

で、だよ。

いやね、上口くんは本当に本当に歌が上手いよね?またドン・カルロは彼にとって非常に美味しい役だなと思う。出ずっぱりなのでこなすのは大変だろうけれど。オープニングから歌が素晴らしくて鳥肌がたちました。ほんといい声でしかも上手いんだもん。テクニックだけではなく気持ちの伝わる歌い方だと思って聴いてた。それと役柄にあう身のこなしも素敵で品のいい紳士だなって。うっかり惚れてしまうやろ!みたいな気分。

また、圭吾さんの騎士団長の最初、壮年にして勇猛果敢な騎士だよ!かっこいいなーって思ってたらあっさり亡霊化するんだけど、亡霊のほうの圭吾さんがさ、もーーーすごい主張してくるんです。石像的に白い顔で立ち尽くしたり、ジュアンと共に踊ったり、そのへんはまとわりつく死の概念のようにも見えるけれど亡霊なのですごい形相で主張してくる時もある。響く声と共にお顔がマリアの作っている石像にプロジェクションマッピングされるので、ひたすら存在感がすごかった。そして素晴らし足捌きでフラメンコのリズムを踏んでくださるのでそれだけで圧巻です。でも、亡霊のみなさんによる千手観音おやめくださいわらってしまいますって思ってすいませんでした!いやなにしかしいい声だ……。

それでね!

これは、言わなきゃいけないというか、自分のために最初の印象として思ったことを忘れたくないので書きとめておきたい。これ自分にとって大事なこと。そーちゃんのラファエルね。パンフのビジュアルがすっごいかっこいいんだけど、板の上で動く彼は可愛い!ってなった……。かっっっわいい!すっごい可愛い!は〜!子犬みたい……!かわいい……ってなったんだよね(ダメ)ちょっとウェーブのはいった髪型のせいかな?あと髪の色も。顎にひげはたくわえてるけど、あんまり目立たない。それもまたいい感じです。1幕は勇敢な男の姿を見せながらも、とてもにこにこしていて少年臭さを感じさせてたように見えた。笑顔がとても眩しくてかわいいの。一途な姿がとても愛らしかった。1幕に朗らかな笑顔があるので、運命がまわりはじめて、物語が先に進むごと、彼の状況や立場がせつなくなる。それを彼自身の表情や所作で表現してくれる。わたしにとってはものすごい情報量だと感じました(それはねー、ほかの役でもそうなんだよ、推しは演技が繊細で丁寧だ)あとさ、ああいう不憫な役、ほんと上手だし、役の上でああはまってる、似合うなってなるのなんでよ?ってなったね。そして、流石だなって納得した。

決して雑ではない、繊細な心の動きを表情や所作でしっかり表現してくれる。そんなあなたの静かな感情表現の細やかさが大大大好きです!ってなりました。悔しげだったり悲しげだったり、それが他者に向かい自らに向かうのが観ていてわかるのね。

あと、昨日も書いたけど歌がよくってさ、円盤か音源が欲しいよーって思った。このまま喉を大事にして歌い続けて欲しいな。んで、宝塚版のラファエルよりも悲哀が強い感じがして、その愛しさから生まれる切なさ悲しさがよくよく演技に出ていました。彼、よく泣くのだ。

今回もむちゃくちゃ泣いてました。

そしてわたしはまだまだ観ます。

それとね、ACTシアターさ、いい思い出のある劇場だから好きなんだけど、やっぱり音のバランスとか建物の構造のせいでひたすら音の聴こえ方がよくない。ボワッとするし音が大きすぎたりもして、そこは残念。

 

という感じ。

あ、グーテンバーグ!も観ました!わすれちゃだめ!

 

それと、言いたいこともいっこあったよ、ハンサム〜ハンサム〜でるよね?!わーい、ハンサムひさしぶり〜。

 

いろいろ考えて考えて一周まわってめちゃんこ好き好き!よかったです!っていうのに落ち着いてしまうのをやめたい。

理路整然と感想をかけるといいんですが無理ですね。

まあ、いいんです。

そんなことより、楽しく生きよう。