与太話はこの辺にして推しに幸あれ

あたまがからっぽらしい

なんだかだと推しの現場に通いつつ、推しの出た芝居が映画館でやるのを楽しみにしてる今日日、台風大変でしたね……。

 

そ、あたまからっぽなんですよ。

ある種の無気力ですね。いや推しに対してのアクティブさとか、芝居観に行く気力は無くなってないので、真の意味で無気力ではないけれど、記録するのが面倒くさいというか、なんというか。

これはなんだ飽きたのか?!

 

まあ、仕事で虚無ってるのでちょっと疲れてるってことにしときます。

うーん、ずっと推しの芝居観ていたい。現実逃避した世界に住んでしまいたい欲がすごい。

 

今は赤坂の劇場通いしてて、それなりに演じる推しを観てる。推しのちょいちょい入れてくる自然なアドリブが楽しいし、回によって決闘の時の気持ちが違って見えていて面白いです。

今やってる役ね、映像が残らないからとてもかなしい……。わたしは公演期間が終わってもセルフ振り返りしたすぎて。いつだって全公演収録の円盤BOXを欲しいと思ってる(強欲)

まあ、Jのひと主演だし、ユーザーの手元に記録が残らないほうがいい……みたいな役者さんも居そうとは思う。だがしかし!

ほんと良いんですよ、推しの役。可哀想でしんどい役なんですが、もうかわいそうすぎてかわいさカンスト。ほんと殴られ役やってても歌っててもせつなくて。死んだ方が楽だろうって立場だし。

蹴られたり殴られたりの乱闘していたり、ラストの決闘だってね、歌ってて推し、全く声が揺れないの。そういうとこ、ほんとすごいと思うし、鍛え方が素晴らしいなと。推しの歌声、本当に本当に大好き。推し全肯定盲目おたくではないけれど、なにせ推しが大好きすぎるんだよ困る〜!

あ、そうだ。

週末から都内の映画館でもゲキシネ(上弦)です。豊洲とかいう荒野からの副産物……。機会があったら観てね〜、観てね〜、観てね〜。そして忘れた頃に誰かおばちゃんと一緒に観てよ(笑)

見終わった後でアレコレと感想を言い合ったり互いの推しを褒めあったりけなしあったりしてみたい(なにこれ)

なんて言いながら終わり。