与太話はこの辺にして推しに幸あれ

こだわりが強いようで強くないところ(+御礼)

昨日は博品館でミュージカル アンクル・トム。
今日は水戸芸術館ACM劇場でミュージカル ストーリー・オブ・マイ・ライフを観てましてな。

 

えーと、まずトムおじさんは作品そのものがサイコサスペンスというか、むしろサイコスリラー仕立てのように思えたので、もうちょい観ないと感想が言えません。

とはいえ、これは言えます。

出演者の皆さん全力で歌が上手いし応用力の高い方ばかりなので聴きごたえあります。複数回見たら見ただけストーリー的にも何かしら受け取るものがあるミュージカルだと感じました。
単純明快すっきり感はないけれどね。
たくさんのミステリーです。どれが本物でどれが偽物か、どれが現実でどれが虚構か、見極めるという最高の楽しみが待っています。話的にはストレートプレイ向きかもしれないですが、ミュージカルです。それでね、どーしようもなく可哀想でしょーもないケビン青年を演じている上口くんも見られるので、是非とも見てくださいミュージカル アンクル・トム。好き嫌い確実にある芝居ですが、演劇的残尿感を味わえます(池田ゆっこさん談)

 

それとSOMLは東京で観られなかったバージョンをやっと観られました。
どうしても見たかったので嬉しさ120%。観てからでなくては何も語れないと思っていたので今までだんまり決め込んでいましたが、簡単にネタバレのない感想を述べますと、これどちらのパターンもヤバいやつですわ…ヤバいやつでしたわ……(ほめてる)
今から再演して欲しさがすごい。
元基くんと万里生さんのそれぞれのアルヴィンとトーマス。
どちらがどちらを演じていても、ある種の感情の渦に巻き込まれます。
そして曲が素晴らしいです。
ありていに言うと物語の状態はひとつ、事実は変えられない、それだけです。
ただし、見え方は一つではない――という仕組みではあるので、非常に秀逸な作品だと思えます。答えはちゃんとストーリーのなかで紡がれていたり歌われていたりするんですが、受け取る側の状態によってもずいぶん印象が違うはずです。
で、今は今しがた見たばかりの平アルの純真さとまりトムの静かな苦悩的なもの心かき乱されまして、何をしていても感情が忙しく思考をとめるには寝るしかない、くらいな感じでアレコレ考えています。
勿論、明日も水戸入りして観ますれけど、見る前からソワソワしている。
ちなみに逆パターンのまりアル、平トムバーションのほうが見た感じの状態も穏やかじゃない気がしていて冷静さが足りない足りないと思っています。わたしは韓国版は見ていませんがBW版をチラ見しているので、ずいぶん違うなーと思って観劇しました。違って見えるのはセットや衣装、あと言語の問題ですね英語はわからん!(ちなみにブロードウェイキャスト版の音源があるので是非聴いてほしいな……。このセリフ、この歌詞、英語だとこれ?!みたいなとこたくさんあるので是非是非)

もう、これ、あらゆる歌の上手い演技派の俳優に演じてほしい……再演、是非お願いします。元基くん万里生さんペアも必ずお願いします。あと、ホリちゃんは円盤と音源もください。おねがいしますおねがいします。

 

とかなんとかいいつつ、

タイトル方面に戻る。

 

結構前のはなし。

2.5界隈に推しがいる友人とお茶をしていたとき、何かの拍子で役者宛の手紙についての話題になった。

 

元より彼女は強いこだわりがある人で、手紙に対してもそうみたいだった。

手紙、推し宛にしか書かないそうだ。

 

絶対に推しにしか出さないし、それが私のポリシーなのだと力説していた。

 

推しくんへの愛が深いね〜!って素直にそのように返せば、無邪気に推しくん大好き!って彼女は答えた。

すごく幸せそう。

見てるわたしも幸せな気持ちになったものです。

なんかピュアだな、と。

わたしはピュアな彼女に感心しながら相槌を打って、そういえばさ?って切り出したんだけどね。

手紙って何書くか迷うよね?!推しくんにどんな書いてるの?……みたいな。

話題の差し替え。

手紙の宛先から彼女の手紙の中身ににシフトさせたよ。

というのも、わたしの手紙事情は一途な彼女のお手紙事情とは相反するものだから説明するのが面倒くさいというか。要するに、わたしが迂闊に手紙を書くマンだからです。こだわりがないね、ここについては。

ほんと気楽にね。そのひとが推しではなかったとしても手紙を書いて送ります。

まあ、よく手紙を送る役者さんはだいたい決まってるけど、観たこと聴いたことで伝えたい内容があれば、芝居見たあとサッと感想を書いて劇場でお預けしてくるかんじ。

手紙の宛先が推しでも推しじゃない役者さんでもね、手元を離れたあと本当に宛先のひとが見てくれているかなんてわからない。でも、心に感じ入るものがあるのだから手紙にする。

 

これは前も書いたように思うが、わたしにとって手紙を書くことは情報整理の手段のひとつだ。書くと思考整理できるじゃない?整理出来てない情報を主に伝えられるであろう推しはちょっと気の毒なので、感想がとっちらかっていて推しそれはごめんねって感じだけどさ。ぶっちゃけ見てるかどうかわからんしな!(笑)まあ、言いたいこと言っとけよってやつよ。

今観た芝居に対して、今伝えたいことがあり、今の今生じている胸のうちの想いをあるがままの熱量で伝えることってわたしはわりと大事なんじゃないかって思っている。

 

取り繕った気取った言葉は選ばない。

掛け値なしの素直な感想も悪くないでしょ。

 

まあ、こんなひともいるよ、と。

ね、手紙もさ、相手にとって多分喜ばしいと思われる内容ならば、気楽に書いていいと思うんだ(謎理論)

 

…という事情もあり、迂闊に手紙を書くわたしの内情を彼女に話すのはしのびない。話しても理解されないだろうし、むしろドン引かれるかもね。

だから、保身のためにも話題を無理矢理変えたわけ。

でもさ、手紙に何を書いてるのかってところを聞けたのはとても楽しかった。ありがとう友よ。

 

って、どーってことないはなしだよ。

 

まあ、何をするのにも人それぞれだよね。

手紙に対しての姿勢も。

 

ちょっと決まりの悪い終わり方。

 

それはそうと推し主演のミュージカルのはなしを少し。こちら一年半を経ての再演です。

取材関連、媒体問わずちょっとずつ情報出てきてます。

地球上のヒューマン各位

coloring musical 『Indigo Tomato』

観てくださいよろしくお願いします。

地方は11月、東京は12月からです、何卒。

 

【さて、御礼をば申し上げたく】

過日唐突に募集致しました地方のグルメ情報につき、情報をお寄せくださいましたお優しき淑女の皆々様、ありがとうございます。お心遣いとても感謝いたしております!

 

金沢駅近のカフェお弁当、タイムリー耳寄り情報、駅近なのも嬉しいです。是非いただきに行きたいと思います〜!加賀麩可愛いですよね。見ているだけで幸せになります!

 

・はい!推しは来年も梅芸で着々と芝居するのでそちらのお店、絶対行きます〜!オムライス素直に大好きなので、URL辿って出てきた美味しそうな画像を見つつ既に食べたいです(笑)

 

・お土産で楽しむの、目からウロコでした!マチソワマチソワは気力体力勝負で他のことに注力できないですよね。あと、たこやきさんと551!美味しそうなので、むちゃくちゃ買ってたべます!

 

本当に情報いただけてとても嬉しかったですし、とても勉強になりました。ありがとうございました!

 

もう少し募集しております。

わたし美味しいものたべたいの。

 

金沢、大阪、福岡、札幌、あと富山とかも(笑)

 

何卒、グルメ情報を持ち合わせないわたしくめにお力をお貸しくださいませ。

 

https://marshmallow-qa.com/1qbonv1bi6vxiv9?utm_medium=url_text&utm_source=promotion