与太話はこの辺にして推しに幸あれ

お悩み相談(してそうでしてない)

推しへの思い入れが強すぎてわたし、オタクとしてどこかヤバいし怖いひとすぎるんじゃない?って思うし気持ち悪いすぎかな?!というようなことを常に考えています。

……というより、最近は人として自分が怖くない?!と思い始めているので、少し軌道修正したい所存です。

そういうことってあります?

ないです?(誰に聞いているの……)

具体的にまっとうなおたく化への一歩を歩むべく、それなりに正気を保つための対策があるなら知りたいんですけど、どうですか?ありそうですか?


ほら、執着していると何も得られないんだよ?とかなんとか言いますが、これ執着とはちょっと違うような。うまく言えないんですが、大きな枠でみたら確かに執着なのかもしれないけど、いやちがうんだよ、みたいな。執着であろうとなかろうと、このこだわり、思い入れはどうしたら捨てられるのかな。

捨てられないにしても少なくする。
思い入れを滅するために情報断絶……そのくらいしか方法がないような。
いっそ山に住むか……。いやそれは物理的に社会生活が死ぬからダメだ。
まあ、子供のころから好きなモノヒトコトを強烈にスキッ!みたいなスタンスで通してきているので、まあ、治らないですよね、これ。

私生活はともかく。

好きなモノヒトコトは別枠なんですよ。

現実とは線引きされたもの。

変な話、好きの領域が違うんです。私生活をも侵食しうるこの好きは病気(よくわかってるじゃないかわたし)

推しから愛を直接お返しいただくことはないけれど、間接的にお返しいただけるのでわたしはわたしで推しを一方的にさんざん愛しちゃうやつね。

あ、間接的な愛というのは、演技することでファンに対してお返ししてくれるってことだよ。わたしは推しの芝居や歌やダンスでとてもハッピーになれる。推しが仕事をするということは、それにより推しが広域的かつ平和な方法で全世界に愛のようなものを発信しているのだな?などとわたしはたまーに思っているので間接的な愛、勝手に受け取っとく。ご馳走様です。

なにせわたし推しの演技が大好きなんだよね。歌声好きだし、彼の声ってホント大好き!とか、そう言いつつもよくよく考えたらお顔も好きなんだよ。あと、体脂肪低そうな身体つきもわりと大好きよ……って、だいたい好きなんじゃない?

なにこれあたまわるいねー、ねー。

しかもさー、

アッ、これ、全然悩んでねーじゃんわたし。

ってなるね。

そうね、まあ、せいぜいワタシムガイナカイシャインデス~みたいな顔で社会人気取っておきますね!(the隠しきれてないおたくの擬態)

まあ、そんなの気にすんな。

ただのキモオタだ!

 
そうだそうだ、突然ですが、明後日に話題振っていいですか?

わたし、万年筆の筆記がわりとすきなんですね。でも、書いててなめらかだよーって更に思うのはぺんてるの水性サインペンです。
あと筆ペンとか筆ペン風のペンとかも好きです。
もー、万年筆好きとか思っているわりに筆記用具にこだわりがない、思い入れもなし。

このあたりの界隈、筆記用具にこだわりのある方多いなーってチラチラお見受けしたので、自分の現状どーなのよーって思うと、なかなかおおざっぱでこだわりがないようだ。

ちなみにお気に入りの万年筆はペリカンスーベレーンM400とパーカーソネットの旧タイプ。LAMYサファリも好きです。鉄ペンなのでペリカンと過パーカーのよりつかうのに楽。雑で大丈夫。インクはブルーブラックやダークブルーならなんでもいいほうです。だいたいそんなかんじ〜〜。