与太話はこの辺にして推しに幸あれ

推せる時に推す

推し大丈夫かな。

そればっかり。

推しと、推しの近しいお仲間の方々も大丈夫だろうか……。あとずっと推してた皆さんも。一日過ぎてみて、そればっかり思います。

 

いろいろで括ると大雑把過ぎるかもしれないが、様々に思うことがありすぎて、リアルに観た体験の数ごと考えてしまい。まだ認めたくない気持ちがつよく、信じられないという気持ちの方がつよく、あれこれ社会人としてこの場に必要な言葉を明確に出せないでいる。

いわゆる、言葉がないというのは、こういう状態なんだなろうな、と。