与太話はこの辺にして推しに幸あれ

記録6月

上期終わった!えー!

なにこれ。

 

【6月の観劇】

・ミュージカル ロミオ&ジュリエット(黒羽・伊原)/赤坂ACTシアター

これはこれであり、という印象。黒羽さんはわりと過去出演者の方をお手本につつ、上手に自分の解釈を入れて演じられるほうだなと思いながら観ました。他のキャストの話だと、吉田ティボ歌が上手くていいなーと。吉田広大くんは本当にいい役者さんだなと思います。あといいなーと思ったのは乳母の原田薫さんが仮面舞踏会でハチャメチャ踊ってたので面白さ爆発でした。甲斐ロミ・吉ティボの組み合わせがもっとあってほしかった…。

 

・ミュージカル マタハリ(愛望・田代・東)/東京建物Brillia HALL

たしろまりおさんが! すごく! 高貴なのに! すごく! 気持ち悪い…!(ほめてる)いや他にもいうことあるだろうとか思うけど、結果的にその感想が一番強くてアレ。ちえさんちゃぴちゃんでマタハリで在り方が結構違うのがとても面白くて、どちらも美しいのですが佇まいも違っているから周囲の人々との関係性も違って見えるというか。Wキャストってほんと面白いなって実感がありました。ちえさんのは配信でみました。

 

・オフ・ブロードウェイ ミュージカル The Last 5 years(平間・花乃)/オルタナティブシアター

このペアをいっぱいみます(述べるべきはそういう感想じゃない)曲が素敵、ジェイソンロバートブラウン曲が難しいけど素敵。パレードもよろしくどうぞ。ペアにより全く違って見えるんじゃないだろうか?っていうか絶対違うよね?そんな感じの評もでてたようですし。

他ペアもこれから観ます。それと、同じペアでも見た回によって印象が違うことがありそう。

平間・花乃ペアは別れてもなお、お互いがオンリーワン、お互い以外考えられないからこそのぶつかり合いというか?まあ、結婚しないで上手いことやった方がよかったパターンかもなんて思ったり。あとは互いに変な気を使いすぎだし、気を使うにしても方向性がアレだったり。そんなこんなで別れる羽目になったみたいな印象もありつつ、それでも互いが好きなんだろう…という雰囲気でエンディングを迎える。まあ、負の連鎖の行き着く先みたいな。主にキャシーが負にとらわれちゃってる感じなので善意も悪意にしかとれなくて疑心暗鬼とかありがち。ストーリーの分岐点は作品の作りのわりに明確なので、すれ違いの切なさが大きめかも。この芝居は時間軸が違っているから役者はそれぞれがほぼ一人芝居なんだけれど「そこに相手がいる」と思えるのがとてもいいです(同タイトルの映画は演劇とは違う作りなので参考にならない)
感想は来月書けたら。わりといつものことになるのですが、推しが出ているお芝居については、何度も観た結果、頭の中でこねくり回し尽くしたため、文字におこすのが億劫になり、そのうちに、楽しかったです! という感想だけになるのをやめたい(先月ぶりンー回目の告白)

 

配信で観た

・ミュージカル モーツァルト

アマデちゃん…!かわいい…っていうか、はるちゃんのコンス、以前よりもいい感じになったなあ、と。配信は2つとも見られました。

・ミュージカル マタハリ

さっきも書いたけど、ちえさんのほうは配信でしかみられませんでした。祝円盤!

 

と、まあ、そんな感じで。

早くワクチン打ちたいですね(職域接種は頓挫してるし、接種券も届いてません、届く気配もありません)

何か大きく変わるとは思っていませんし、生活も変わらないでしょうが、ワクチンを接種することで意識は変わるかもね。あと、自分自身に5G搭載されたら、いろんな意味で草が生えるし面白いな~と勝手に思ってます。

まあ、それは冗談だよ。